Skip to content

アップデート

エコ・チャレンジ:紙製品は責任を持って購入

 Sisters of St. Joseph of Carondelet

エコ・チャレンジ

Laudato Si’ Action Planを通じた地球へのコミットメントの一環として、私たちのカリスマ性を共有するすべての人に、毎月のエコ・チャレンジに参加するよう呼びかけています。

紙製品の影響性

木々にとっての迷惑

A large pile of cut pine trees is stacked with a forest of pine trees and blue sky in the background

毎年何億もの木々が採ることは植物、動物、先住民のコミュニティや生活の自然な環境を壊しています。木々は我々の足の下の土を安定させ、呼吸する酸素を供給してくれる、私達になくてはならないものです。木々は大気から二酸化炭素を吸ってくれるので必要です。

「ティッシュの問題」

A haphazard pile of dozens of toilet paper roles sit in front of a white backdrop

NRDCの『ティッシュの問題』レポートによると、アメリカ合衆国で我々は毎年15億ポンドのティッシュを使用しているということですーティッシュ、ペーパータオル、ナプキン、トイレット・ペーパーなどー一人50ポンド位上です。ティッシュは一度使ったら捨ててしまうものです。ティッシュは国際的紙の業界で最も売上が伸びている物です。NRDCはメジャーなトイレット・ペーパーのブランドを持続性によってグレードわけしました。グレード「A」をもらったブランドは全て80-100%使用済みのリサイクル素材(この紙は他の方法ではリサイクルできないのでトイレットペーパーとして使うとその分埋め立てに送らずにすみます)を含み、無塩素漂白を使っていました。

ティッシュの素材に注目

EPA(米国環境保護庁)では消費者に20−60%の再生リサイクル原料と合計20−100%の再生繊維でできたトイレットペーパーを購入することを勧めました。NRDC(自然資源保護委員会)ではそのようなトイレットペーパーは竹よりも環境への影響が少ないといいます。素晴らしく耐久性があり、自然に育ち、手がかからない竹は木を刈り取ってしまった土地によく植えられるからです。それは木のようには植物の多様性を促進しませんし、多くは中国からの輸入です。

ビデを使うことの勧め

A thin white bidet arm extends into the middle of the void of a toilet seat and a stream of water jets up

ビデを取り付けることはトイレットペーパーよりも良いオプションで環境のためになります。ビデを使うと、一回につき1/8ガロンの水を用いますが、普通のトイレットペーパーを一個製造するためには37ガロンの水を必要とするということです。(サイエンティフィック・アメリカン誌)。ビデは北米以外ではとても人気があり、90%のベネズエラの家に付いています。ビデは健康にも良く、手を使って拭くよりも手を使わないで洗う方が清潔です。ビデの特に良い点はかがんだり身体を捻ることのできない人にも使いやすい点です。(ヘルスライン

持続性のある購買

自分の使う紙に付いて考えてみましょう。今すぐに何を変えられるでしょう?生活空間で使っている紙について調査してみましょう。その時に、どの紙製品を減らすことができるか、違う質の物を使えるか、または必要ないか、またどんな物を代わりに使えるか探してみませんか?

The Forest Sustainability Council's green logo with a checkmark and tree above the letters FSC

紙製品が責任持って作られたかどうかはその環境的証明書を探すことです。FSC® (森林管理協議会証明書)は商品が「責任を持って管理された環境、社会、経済的に有益な森林から作られている」ことを証明するものです。FSC®の「チェックマークと木」のロゴは紙業界で最も広く認められているものです。

どんな方法がお薦めでしょうか。修道会ではシスター達とカリスマ・パートナー達と実際に試して良かった持続性のある商品リストを作りました。NRDCは家庭用紙製品のショッピングガイドを作り、それも大変参考になります。

減らして再利用することはリサイクルよりもさらに良い事です!

紙を減らすためにどうすれば良いかはVisionOfEarthの紙使用を減らす31の方法をチェックして以下の代替法を試して下さい。

〜の代わりにこれを使ってみましょう
ペーパータオル再利用できるペーパータオル、タオル/雑巾、スポンジ
紙ナプキン紙ナプキン
紙皿軽くて丈夫なお皿
ワックスペーパーシリコンベーキングシート、 再利用できるワックスペーパー
カップケーキライナー、パーチメントペーパーシリコン製品
トイレットペーパーとティッシュ50%再生ティッシュペーパー
図書館で借りる、電子書籍
雑誌、カタログ、パズル本デジタル、オンライン版を購読する
印刷用紙最低50%再生された紙を使う
カードや手紙電子メール、メッセージアプリやカード、再生紙を多く含む紙製品

エコ・チャレンジに挑戦

これらの紙製品についての情報が少しずつ日常生活を変える事ができることを願っています。

  • 布タオルやスポンジをなるべく使う。どうしても必要な場合は100%再生紙のペーパータオルを使う。公衆トイレでは手のドライヤー又はペーパータオルを一枚だけ使う。
  • 布ナプキンを使い外食の場合は一枚だけ取って使う。
  • 100%再生紙使用のティッシュペーパーやトイレットペーパーを使う。
  • 紙皿の代わりに軽くて丈夫な洗えるお皿を外では使う。
  • なるべく簡素なパッケージングの物を購入する。
  • 子供達に毎日使う物の環境への影響について教える。

情報拡散しましょう

  1. 上記からチャレンジレベルを選び
  2. 自分の約束をコメント欄に共有しましょう
  3. この投稿をフェースブック、インスタグラムやツイッターで共有して10月のエコ・チャレンジバッジをもらいましょうFacebook, Instagram and/or Twitter.

Leave a Reply

Your email address will not be published.

About us

The Sisters of St. Joseph of Carondelet are a congregation of Catholic sisters. We, and those who share our charism and mission, are motivated in all things by our profound love of God and our dear neighbors. We seek to build communities and bridge divides between people. Since our first sisters gathered in 1650, our members have been called to “do all things of which women are capable.” The first sisters of our congregation arrived in St. Louis, Missouri in 1836, and we now have additional locations in St. Paul, Albany, Los Angeles, Hawaii, Japan and Peru. Today, we commit to respond boldly to injustice and dare to be prophetic.

Contact

Sisters of St. Joseph of Carondelet
Congregational Offices

Connect with us

©2022 Sisters of St. Joseph of Carondelet.