アップデート

新しい年を祝って

 Sean C. Peters, CSJ

Carrying love into the new year

毎年1月になると「新しい年がどうして早くも来たのか。数か月前に、昨年が始まったばかりなのに。」と思います。新しい年の初めを迎えることは過去を振り返り、未来へ向かう機会を得ることになります。自分が何をしたいのか、何を未来に向けて進めていくのか、考えたいと思います。

新しい年を自由な心で始めたいので、私自身の心にある威圧感を残していこうと思います。–  つまり、神に呼ばれている私は、誰なのかという真実を認識しないことから くる恐れと無力さのことです。畏れを気づかわずに、私たちはどのくらいの頻度で行動しているでしょうか。私たちは他の人が私達を拒絶することを恐れ、全く異なる行動を取るからです。想像や理論ではなく、彼らに手を伸ばすことはありません。異なる国や異なる文化圏の人々が、私たちの家に住んでいるかも知れません。私たちの恐怖は、隣人として他の人を受け入れる立場です。血まみれ戦争と絶え間ない不安で最近の世紀を特徴づけてきた都市暴力の恐怖から、そのような恐怖がどれほど現れたでしょうか。 そのような恐怖はそのままにしておきましょう。


恐れや偏見は、どのくらいの頻度で私たちの学びを深めるのを妨げるでしょうか。何を読むのか、テレビやラジオで何を見聞きしているのか、家では誰について話すのかを 注意深く選ばなければなりません。もし別の視点に深く耳を傾け過ぎると、今信じて いることを脇におく必要があります。それは、あまりにも多くのエネルギーを消耗するので、情報そのものに留まります。最近、私は、私が好むことを聞きました。誰もが 同じように考えるところでは、全く考えていないということです。


私は、自分の無力性体質を残したいと思っています—私達の世界に違いをもたらさないという感覚のことです私の行動は、 “グローバル市場活動” で効果が無いと信じ、留め金を外します。― 私は自分の快適さを目的とした生活に戻すことができます。そうすれば、自分を愛する方法を知っているので、他の人を愛する方法を探す必要はありません。何をしようとしても、違いは無いのです。このようにして、私達は聖霊の賜物を阻止しません。

 
私は全ての過去の痛みから自由に新年に入りたいと思っています。

新しい年に入るので、それらを戸口の外に落としていく積りです。それは全て重荷です。なぜ私はこの重荷を運び続けたいのでしょうか。私のためにその重みは何をするのでしょうか。私が出会う隣人の重荷を今年も担わなければならないことから、私を守ると信じているかも知れません。あるいは、他人への愛と奉仕で私の心を壊すよりも、

私自身の身近な傷を持つほうが簡単だと思います。もし私が過去の痛みを手放したら、非常に多くのことを見つけるかも知れません。—それは私の心を壊すのではなく、他の人の十字架を修復するのを手伝うようにするためです。

これは、過ぎ去った年月に残したい信条の恐怖と誤った信念です。


新しい年のために、愛を込めて私たちを導いてくださった神が共におられ、さらに 豊かな多くの恵みをもたらすことを固く信じ、確かな希望だけを望みます。もし私達がそれを信じることができれば、その時、神の偉大な愛の修道会は、勇気と愛をもって、確かに地球の顔を一新する喜びで新しい年を祝うでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *